【虹をかけるアート】虹をかけて地域活性化につなげるアートプロジェクト!

nijinohashiproject7

虹の橋をかけて地域活性化につなげるアート!

nijinohashiproject1
www.youtube.com
今年から北九州市において、忘れられた地域資源の再発見を目的としたアートプロジェクト、「虹の橋プロジェクト」が始動しています。
このプロジェクトは、西日本工業大学の学生ら約30人と梶谷克彦助教によって進められているアート活動で、様々な建造物や史跡に虹をかけ、その価値を見直してもらおうというアートプロジェクトです。

それでは、その記念すべき第一回目の「虹の橋プロジェクト」の様子をご覧いただきたいと思います!
第一回目は、1906年に作られた旧東京製綱事務所棟(北九州市小倉北区­高浜)に虹の橋をかけています。
nijinohashiproject2
www.youtube.com

nijinohashiproject3
www.youtube.com

nijinohashiproject4
www.youtube.com

nijinohashiproject5
www.youtube.com

散水機でまく水のスクリーンに疑似的な虹を映しだします。
nijinohashiproject6
www.youtube.com

虹の再現は、「太陽の角度」「光の強さ」などを綿密に計算したデータを元に再現します。
虹が見えやすい状況としては、自分の影が身長より長く伸びていて、影の輪郭がシャープに見えるときに見えやすいそうです。
nijinohashiproject7
www.youtube.com

動画で「虹の橋プロジェクト」をご覧ください!

www.youtube.com

2015年6月29日には、西日本工業大学「地域連携センター」(北九州市小倉北区大門1)でデモンストレーションが行われました。
今後、「虹のまち、北九州」を目指して本格的に活動されていくそうです!
地域の資源に”虹”というスポットライトを当てて、より一層地域を輝かせてほしいですね!

■参照■
youtube:(1)にじのはし×旧東京製綱事務所棟:(梶谷克彦×亀井圭史×にじのはしプロジェクト)

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です