【犯罪率を低下させたストリートアート】治安の悪かったメキシコの町がストリートアートで蘇る!


メキシコのある町で起こったアートの奇跡

mexicostreetart1
youtube.com
約2万平方メートルにわたり、レインボーカラーのカラフルな­ストリートアートが広がっている町がメキシコにあります。
その町の名はパチューカ(Pachuca)。メキシコ最古のサッカークラブCFパチューカの本拠地としても知られています。
この町は他の町と比べ、あまり裕福な環境とは言えず、町の治安の悪さが以前から問題視されていました。

この治安の悪さや、危険な町のイメージを一新したいとカラフルなストリートアートを始めたのが、アーティスト集団「Germen Crew」です。彼らは、200世帯近い住宅の壁をレインボーカラーに塗り替え、村全体をひとつの大きなアートに変えてしまったのです。
ストリートアートプロジェクトのおかげで街は見違えるほど色鮮やかになり、犯罪率は低下。そこに住む住人たちの心境まで変えてしまいました。その奇跡のストリートアートをご覧ください!

mexicostreetart3
youtube.com

mexicostreetart4
youtube.com

mexicostreetart2
youtube.com

mexicostreetart5
youtube.com

mexicostreetart6
youtube.com

mexicostreetart7
youtube.com

mexicostreetart8
youtube.com

mexicostreetart9
youtube.com

sentochihi
facebook.com

youtube.com

町の外観を変えただけではなく、そこに暮らす人々の心境や治安までも変えてしまった「Germen Crew」によるストリートアート。
こういった試みが他の地域にも広がっていくことで、人々の心を豊かにできたらいいですよね。
当メディアはこれからも様々な地域活性アートに注目していきます!
アーティスト集団Germen Crewについてもっと知りたいという方は、彼らのFacebookをご覧になってみてくださいね!

■参照■
Youtube:色彩鮮やか、ストリートアートで犯罪減少 メキシコ Massive colourful Mexican mural transforms city
HomePage:designboom.com
Facebook:Germen Nuevo Muralismo Mexicano

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です