【色鉛筆が奏でる世界】林亮太氏が色鉛筆で描くリアルな風景画が話題!


林亮太氏の描くリアルな色鉛筆アートの世界

リアルな色鉛筆アートで人気の林亮太さん。
色鉛筆の表現力と可能性を追求し、色鉛筆で何気ない東京近郊の風景を描き続けています。

その表現は、光や空気感、その時々の水の表情までも色鉛筆によって具に絵の中に落とし込みます。

「水音 中野区新井」
水面のゆらめき、龍口から落ちる滴、静寂を感じる一枚です。
hayashisaniroenpituart1
www.facebook.com

「朝日を浴びて 板橋区赤塚」
中景、遠景と電柱があり、遠近感の強調になっています。
hayashisaniroenpituart3
www.facebook.com

「いつもの参道 中野区江古田」
場所は中野区江古田の氷川神社。40号Pの大作です。
hayashisaniroenpituart4
www.facebook.com

「流水」
場所は、なかのZERO傍にある紅葉山公園の池。
上部から流れ込んでいる水の「動き」を忠実に表現した一枚です。
hayashisaniroenpituart5
www.facebook.com

「贅沢な休日」
浴槽のステンレスの上にある水滴が、絵をより引き立てています。
hayashisaniroenpituart6
www.facebook.com

「五月雨 新座市大和田」
テレビでも取り上げられた1枚。
雨天の光というのは、非常に表現が難しいそうです。
晴天の光は強いので、影も濃くなり、ある意味影を黒く濃く描けば光の表現ができますが、
雨天はそうはいかず、弱いコントラストで形を表現しなければなりません。
hayashisaniroenpituart7
www.facebook.com

「初夏の岩淵水門 北区志茂」
新緑のグリーンと赤水門の対比が絵の印象を引き締めています。
hayashisaniroenpituart8
www.facebook.com

「川辺の散策 千葉県岩井」
水面に映る空・雲・草の表現が、得もいえぬ川の美しさを醸し出しています。
hayashisaniroenpituart9
www.facebook.com

林亮太氏は、ここでご紹介した作品のほかにも多数の作品を描いておられます。
詳しくは林亮太氏のFacebookをご覧ください!

名­古屋市セントラル・アートギャラリーにて林亮太さんの作品展が開催されます!

hayashisaniroenpituart2
www.facebook.com
2015年9/29(火)〜10/4(日)まで、名­古屋市セントラル・アートギャラリーにて林亮太さんの作品展が開催されます。
ぜひこの機会に林さんの色鉛筆アートを間近でご覧になってみてください!

【展覧会詳細】
タイトル:林亮太作品展 ~色鉛筆だけによる新たな絵画表現の世~
会期:2015年9/29(火)〜10/4(日)
開催時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所:名­古屋市セントラル・アートギャラリー(名古屋市東区泉1-13-25 セントラル・アートビル4F)
TEL:052-951-8998

■参照■
HomePage:ryota-hayashi.com
Facebook:ryota884tokyosketch

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です